クレンズダイエットの卵に注意!

人間本来の自然治癒力を高めることができるダイエット方法として、
断食ダイエットが流行ってきています。

 

中でもローラちゃんが行っていることで大流行しているジュースクレンズなどのクレンズダイエットは、
各メディアからも注目を集めています。
食べ物を数日間食べないことで、胃腸をはじめとした臓器の活動を休ませ、
体に悪い毒素を排出しやすくすることができます。
体の中がリフレッシュされるので、全体の臓器の働きも改善されてお肌の調子も良くなる健康と美容に良い方法です。

 

断食ダイエットの後は、いきなり普通の食事に戻すと危険なので、胃腸の消化の良い食べ物を食べて徐々に普通食に戻していきます。断食して体の状態が良くなっても、回復食に気を付けなければ効果がなくなります。栄養価が高いので健康のために回復食に卵を入れる人がいますが、物をしばらく食べなかった体に消化の悪い卵は負担となるので避けましょう。

 

回復食として理想的なメニューは、お粥・雑炊・うどん・スープです。どのメニューも消化しやすく、胃腸に負担をかけずに食べることができます。これらのメニューは卵をトッピングしやすいものですが、加えてしまうと消化効率が落ちてしまうので入れないで食べるようにします。トッピングに良い食材としては、豆類・根菜類・葉物野菜類・海藻類・発酵食品類となります。豆はタンパク質が豊富なので、不足すると体に支障がでるタンパク質不足を解消できます。根菜類・葉物野菜類・海藻類は食物繊維が豊富なので、腸の働きを助けてくれる食材です。断食後は便秘になりやすい人もいるので、食物繊維は積極的に摂りましょう。発酵食品類も整腸作用が高いので、お漬物などで頂くと良いです。

 

断食後すぐに食べるのに不向きな食材として、卵の他にお肉・お魚・脂・お菓子は体に悪いです。しばらく食事を食べないと、お肉やしつこい食べ物、甘いお菓子を食べたくなるものですが、回復食を食べる間は我慢しましょう。数日間胃に食べ物を入れていない状態の体は、想像以上にデリケートな状態です。胃腸が休んでいた体に消化に時間のかかる食べ物は、体には毒となってしまいます。最悪の場合には、命に関わることがあるので、断食後の食事内容は注意が必要です。

 

食べ物を食べないダイエットをした後は、お粥などの胃腸に優しいメニューを2日ほど食べて、様子を見ながら普通食に戻すようにします。回復食にダメな食材は、断食後の3日目を過ぎたあたりから、おかずに少しずつ加えていきます。味付けもお箸がすすまないように、薄味の味つけにして体に良い摂り方をしましょう。

スポンサードリンク