クレンズジュースってどう保存するの?

クレンズジュースとは、体内の老廃物を排出することを目的としてつくられた、新鮮な野菜や果物をだけを使ってつくった100%ジュースのことで、熱や水分を加えずにつくるため酵素や栄養素が壊れることなく摂取することができ、食事の代わりに何日間かをこのクレンズジュースを飲むようにし、体の中から浄化するようにします

 

通常多くの方が知っている100%ジュースというのは、実は素材を高速の回転する刃で切り刻むために摩擦熱などで
栄養素が粉砕してしまっているのです。

 

さらに高速で粉砕されているため、空気も混ざりやすく、素材が酸化しやすいという傾向もあり、時間経過によって栄養素が変化したり、
味も変化してしまうと言うデメリットも出てくるですね。

 

一方スロージューサーで作ったコールドプレスジュースは、高速ジューサーやミキサーなどで作った一般的なジュースと比べると
1分間に70〜160回転というゆっくりとしたブレードですりつぶすので、酸化が起きにくかったり、栄養が壊されることなく
その上さらりとした口当たりの飲みやすいドリンクになるんです。

 

保存方法も冷蔵庫に保存すれば数日間は大丈夫とのことでしたが、できるなら早めにお召し上がりいただくことがおすすめです。
また、スロージューサーで出てきた搾りかすの方も料理に利用でき、レシピなどもついているので料理の幅も広がるし、より健康的な生活が送れるのも大きなメリットです。

 

 

つまり100%ジュースと思ていても、クレンズジュースのほうが本当の意味でも100%ジュースと言えるんですね。

 

クレンズジュースの保存方法としては、水で薄めるようなことは一切せず、野菜や果物などの水分だけでジュースをつくりだしているので、基本的にほぼ生の状態と等しく、保存料を入れる事によって体内で代謝酵素の元になるミネラルが失活してしまうので使っておらず、期間はほとんどありません。新鮮な生野菜などを使っているため、栄養素だけでなく素材のもつ菌なども生きているので必ず冷蔵庫に入れておかなくてはなりません。もともとハリウッドセレブの間で流行したこのクレンズジュースは、アメリカでは3日分は保存ができるといわれています。
またその他の方法として、冷凍保存をすることも可能ですが、その場合には、解凍する際に電子レンジや熱湯を使うことによってクレンズジュースの栄養素が壊れてしまうので、必ず自然解凍をしてから飲むようにすることが大切です。

スポンサードリンク