空腹と戦う断食はやめよう

ダイエットや健康、美容のためにクレンズジュースを利用する人が多くなっています。

 

クレンズジュースは果物や野菜を、コードプレス製法で作ったジュースです。
ダイエットをする時は、食事の代わりにクレンズジュースを飲みます。
水分は水かハーブティのみにして、空腹を感じたらクレンズジュースを飲むだけなので、空腹を我慢する必要はありません。
動物性のタンパク質などは含まれていないので、長期になると栄養が偏り悪影響が出てしまう可能性がありますので、3日間までとします。
その後はジュースクレンズの回復食としておかゆなどの消化の良い食事にして、少しずつ元に戻して行きます。
クレンズジュースにはダイエットで不足しがちな栄養素がたくさん含まれていて、特にカリウムにはむくみ改善や老廃物の排出を促すデトックス効果があります。
また、たくさんの栄養素を摂りながら胃腸を休ませる事ができますし、本来消化に使われるエネルギーを、他へ回し新陳代謝を高めてくれます。
水溶性食物繊維も含まれていますので、排便も促してくれます。クレンズジュースを作る場合は低温低圧で搾り出す必要があるため、特別なミキサーが必要になります。市販もされていますが、出来上がったクレンズジュースとして販売されていますので、我慢をしないダイエットとして利用してみたいものです。

 

断食系のプログラムと言えるのですが、ジュースクレンズ以外にも過去には様々な断食系のダイエットが流行しました。
最近のものだと、腸内洗浄、フルーツ断食、シュガーデトックスなどが当てはまります。

 

それらは同じようにデトックス効果をうたっているのですが、やはり糖質が多いものだったり、栄養の偏りがあるものだったりとする分、
ジュースクレンズにこれだけ注目があつまるのは、そういった栄養の偏りがしっかり考えられたプログラムによって管理されるところがポイントになります。

 

断食自体は、基本的に食生活をリセットすることに重要視されており、これらはもちろん体になにかしら問題があるような方が行うと問題があるのですが、
健康な方が行うと、体の中のミトコンドリアがストレスを低減させるなどの効果も報告されており、一方で腸内がデトックスによって
腹ペコ状態をいじすることで、エイジング(老化防止)の効果もあるようです。

 

クレンズジュースを使うのは、空腹感を紛らわせることができるうえに、豊富な栄養をしっかりフォローすることができることなので、
ジュースクレンズにこれだけ注目があつまる理由になっているのですね。

スポンサードリンク