クレンズジュースの飲み方

いつでも綺麗でいたいと思う女性は多いでしょう。
しかし、忙しい現代人にとってわざわざ運動の時間を作るのも大変ですし、栄養満点の手の込んだ料理も、好きでないと長続きしません。そのような人に今注目されているのがクレンズジュースです。
 クレンズジュースとは、新鮮な果物や野菜を使った100%のジュースで、これを食事の代わりに飲む美容・健康法です。
海外ではクレンズジュースを飲むサラダとまで言われているくらい、その栄養や効果の高さは注目されているんです。

 

他の食べ物は口にせずジュースで消化器官をクレンズ期間中に一時的に休ませることにより、消化に使われる約40%のエネルギーがデトックスや再生に利用出来るようになります。
そのジュースクレンズを行う期間は、自分で設定するのですが多くの方が3日間を目安にされることが多く、
短期間でのジュースクレンズを1dayクレンズ(1日だけの期間を設定)をされたり、ローラちゃんみたいに1週間という期間行う方まで様々です。
このクレンズジュースの特徴は、野菜や果物を押しつぶし素材の水分だけで作られるということです。
ミキサーや従来のジューサーでジュースを作る場合、水や氷を加えなければ飲めないのですが
クレンズジュースを作るためのスロージューサーは水分を加えることなく、素材がもともと含んでいる水分だけなので、本当のジュースとまで言われています。

 

高速のミキサーではなく、スクリューを低速回転させて、材料を押しつぶすことで熱や摩擦に弱いビタミンや酵素が守られます。
専用の低速スロージューサーと言われるジューサーを使って作るので、ジュース部分と、しぼりきった搾りかすとに分かれ、
スロージューサーには、その搾りかすを料理に使う様なレシピなども掲載されています。

 

クレンズジュースの飲み方のポイント

 飲み方のポイントは簡単です。クレンズジュースを食事の変わりに飲むだけです。ジュース以外のものは口に出来ないので、お腹がすいたらクレンズジュースを飲みましょう。ただし、期間は長くても3日間までとします。リバウンドしないためにも3日間が終わったらお粥などを食べて、徐々に食生活を戻していきましょう。この簡単な飲み方が人気の理由でもあります。

 

この方法という事で、水分を飲むのかという質問もあるんですね。
コールドプレスジュースの専門店でもジュースクレンズの方法を提案しているのですが、水を飲んでもいいというところと、
水は飲まずにコールドプレスジュースだけというところがあるんです。

 

わたしとしてはどちらが正しいというよりも、ジュースクレンズを行う期間や体調などによって考えるといいと思います。
その際に考えるのは、ジュースクレンズの方法では1日に300mlのコールドプレスジュースを6回〜8回も飲むことになるので
水分補給をしっかりとしているとコールドプレスジュース自体が飲めなくなります。

 

自分の中でしっかりと管理して調整していくことも重要なポイントになりますよ。

 

 また、様々な野菜や果物を使うので、その組み合わせによって出来る豊富なメニューが人気です。毎回同じ味ではなく、自分でクレンズジュースのメニューが選べるのも魅力の一つでしょう。美味しく簡単な美容法は誰でも出来るのが嬉しいポイントです。ぜひ始めてみましょう。

 

クレンズジュースにおすすめの食材

クレンズジュースは自分で作る場合、使う野菜や果物を選ぶことができます。
飲みやすさや、デトックス効果を引き出したいレシピなど個人個人でおすすめは変わってくるのですが
私のおすすめの食材というのがあります。

 

  • トマト
  • 人参
  • スイカ
  • パセリ
  • パクチー

 

トマトのリコピンや抗酸化物質や、消化酵素を助ける働きをする成分など
これらの食材はクレンズダイエットを飲むときに少しは考えたい食材でもあるんですよ。

 

そして大事なのが無農薬にこだわるというポイント。
せっかく生の生きた酵素や通常の100%ジュース以上の栄養が摂取できるコールドプレスジュースなのに
農薬がたくさん使われていると、そういった成分も飲むこととなります。

 

健康やデトックスのために飲むならなおさらです。
近くのお店に無農薬がない場合は、通販でもいいし、農家さんに話をしてみるのもいいかもしれませんね。
どうしても無農薬野菜や無農薬フルーツが手に入らない場合は、最悪でも低農薬などのこだわりはもったほうが
いいと思いますよ。

 

そうすると野菜や果物の旬の時期も把握してくるでしょう。
食材の旬というのは、野菜や果物が一番ありのままの状態で最高に栄養も蓄えている状態ともいえます。
そういったポイントもふまえて食材に感謝することも子供に教えてあげることもできると思います♪

 

ジュースクレンズ翌日の注意点

食べることは、栄養を補給するためには必要なことですが、体力を使う作業です。
特に消化器官に対する負担はよく考えなければなりません。
飽食の時代となりいつでも好きな物を食べられるようになった反面、必要以上の量を食べることで消化器官はかなりの負担がかかっています。
そこで栄養を取りつつ消化器官を休ませ、体のバランスを整える方法として、海外セレブの間で人気となり日本でも広まりつつあるのがクレンズジュースです。
クレンズジュースとは何かというと、食事の代わりに飲む野菜や果物のフレッシュジュースのことを言います。
クレンズという名前の通り、体内を浄化するジュースです。
素材の持つ栄養素や食物繊維をそのまま摂取できるので、体内の毒素が排出されると同時に消化器官も休ませることができるのです。
クレンズジュースの中身によっては、代謝を上げることもできるので、ダイエット効果も期待できます。
しかし、注意点もあります。
クレンズジュースを飲んで消化器官を休ませていたのに、次の日になったら脂っこい物やアルコールなど大量に摂取すると消化器官や肝臓に大きな負担がかかるからです。
これではせっかくクレンズジュースを飲んだ効果がなくなります。
内臓を徐々にならすための注意点として、次の日は消化しやすいお粥やリゾットを食べることが理想的です。

スポンサードリンク