ミキサーでもジュースクレンズはできるの?

最近雑誌などでも良く見かける言葉、ジュースクレンズ。

 

アメリカの芸能人やセレブたちがはまったところから火がついたジュースクレンズとは、
新鮮な野菜や果物を使った100%ジュースを食事の代わりに飲む健康法です。

 

ジュースクレンズのクレンズとは「洗浄」という意味で、
少し前に流行った断食やプチ断食による健康法と似ている部分があります。

 

人間の身体は毎日の食事から栄養を摂っていますが、
現代は食べ物があふれており、また添加物や油たっぷりの
食べ物も少なからず摂取してしまいます。

 

重たい食事が続くとなんとなく身体もだるく重くなったような感じがある方も多いのではないでしょうか。

 

そんなときは、ジュースクレンズで身体から一旦毒素を排出してリセットしましょう。
自宅にミキサーがあれば、好きな野菜や果物で簡単に好みのジュースを作ることができます。
こうして作ったジュースは食事がわりにおなかが空いたら飲むようにしましょう。
期間は最大でも3日間です。3日間を過ぎたら食事を開始しますが、
胃が驚かないようにまずおかゆなど軽めのものからスタートしましょう。

 

街中にはジューススタンドをたくさん見かけるようになり、家電ショップでは低速ミキサーなど
高機能なものも販売されています。健康や美容意識が高い人はすでに始めています。

 

 

一般家庭にあるようなミキサーは、こういった低速ミキサー(低速ジューサーともいう)とは違って
高速ミキサーという種類のものになります。

 

違いは高速と低速という言葉でもわかるように野菜や果物などの素材を高速で回転する刃(ブレード)で
粉砕するタイプと、低速で石臼のようにすりつぶすタイプの違いなんですね。

 

素材の栄養を壊さないように注目されている低速ミキサーではあるのですが、高速ミキサーとは違い
ゆっくりと動くので、あっという間にできちゃうものではないんですね。
でも、ジュースクレンズのコールドプレスジュースは生きている酵素や豊富な栄養素が大事になるので
高速ミキサーで作ったジュースというのはコールドプレスジュースではないんです。

 

ミキサーとスロージューサーの違いってどういったものがある?

同時に見ていきたいのはコールドプレスジュースを作るためのミキサーだけではなくその素材となる野菜や果物にも注目していかなければなりませんこの項目ではその中でも専用コールドジュースミキサーを取り上げてみていきたいと思います。
まずはミキサーで作ったものとコールドプレスジュース専用のスロージューサーで作ったものの味の違いについてみていきたいと思います。 ミキサーとスロージューサーの違いの一つとして 素材に空気が混ざりやすいのか混ざりにくいのかというものもありますこれは空気が混ざることで素材が参加した小酸っぱくなったりするという現象が起こるというのがあります。
さらにスロージューサーは時間をかけてゆっくりと絞られるため味が濃厚でミキサーのすっきり感とは違った飲みごたえがあります。
またミキサーは水や牛乳氷など素材以外の水分も入れて混ざるため、 スロージューサーのような素材100%という状態ではなく本来の味というものからは多少遠のいていくと思います。 同じ意味でミキサーは他の水分も混ぜるため量としてはミキサーで作った飲み物の方が多くなりスロージューサーで作ったものは少なくなるという傾向もあります。

 

 

スポンサードリンク