クレンズジュースのコスパ

モデルのローラも実践しているクレンズジュース。
グリーンスムージーの次はコレが流行するとも言われていて、若い人に注目されています。
繊維をそのまま生かすコールドプレス製法のクレンズジュースは、
正直、値段が高いとも噂されています。コスパをよくするためにはどうすればいいでしょうか。

 

それは、やはり自宅で作って長期間継続することです。

 

様々な効果があるのがクレンズジュースなので、ダイエットを目的として飲むのも、
健康維持のためや、消化器官の休息などを目的としてデトックス効果を加速させる
ジュースクレンズなど飲み方も様々です。

 

クレンズジュースを作るには、コールドプレス製法ができるミキサーが必要です。
このミキサーを、低速ジューサーや、スロージューサーなどといってコールドプレスジュース専門や
スムージーなども作れたりするものも販売されています。

 

一番安い製品は、シャープヘルシオの「ジュースプレッソ」。
凍った果物や野菜をつかったフローズンも作れるような上位版も販売されているのですが、
廉価版が家電量販売店などでは大体16000円くらいで購入することができ、
ミキサーとしては値段は少し高め。ですが、何か月も継続して使っていくことでコスパがよくなります。
1ヶ月継続すると16000円ですが、2ヶ月なら8000円、3ヶ月なら5000円程度、
4ヶ月なら4000円とクレンズジュースを続けていけばいくほど、
本体の「モトを取る」ことができます。

 

もちろん、材料代はかかりますが、あるクレンズジュース専門店で飲むとなると5ボトルで9000円、
5日間継続できる25ボトルだと41000円もします。値段を比較してみると、
材料を揃えたとしても自分で作った方がコスパもいいことがわかるはずです。

 

ただし、クレンズジュースとしての使い方を考えた時は、
材料となる野菜や果物はなるべく農薬など使っていないものであることと、
その素材自体に栄養がたっぷり入っているものを選ぶことがポイントになります。

 

水着を試着した時に余計な脂肪が目立つと、
海やプールに出かけるまでには体重を落としたいという気になるので、
断食ダイエットを行う方が少なくありません。

 

しかしそれで体重を落とせたとしても、体調不良でダウンしたり、
お肌が吹き出物だらけになってしまうことがあるので、
そんな危険なダイエットをするぐらいなら、ジュースクレンズを行うようにしましょう。

 

ジュースクレンズはただの断食とは違い、固形物は口に入れないものの、
新鮮な野菜と果物のジュースは飲むので、酵素とミネラル不足にならないところが魅力です。
ビタミン補給も出来るので、体重を落とせるだけでなく、
美肌も手に入れられますから、体を壊さず、体の中から綺麗にダイエットしたいときは、
ジュースクレンズほど適したものはないでしょう。

 

ジュースクレンズは通販を利用すれば手に入りますが、それぞれに特徴があるので、選び方を間違わないことが大切です。
選び方のポイントのひとつは価格が最適かどうかなので、あまりにも高すぎるようなものは選ばないようにしたいですね。
価格が手ごろで、ジュースに含まれた成分にどのような効果があるのかを、調べてから選べば失敗しないので、まずはじっくり比較するようにしてください。

スポンサードリンク