スロージューサーを購入する前に知っておきたいこと

スロージューサーは、低速で野菜や果物を絞る事で、栄養や食材本来の価値が楽しめる、ジュース作り専用の機械です。
スロージューサーの欠点は、その低速さ故に生じる問題が多く、様々の製品では避けられない悩みといえます。
主な欠点としては、そのまま材料を投入すると、十分に絞る事が出来ないので、細かく切り分ける下準備が必要になる事です。
また、スロージューサーを使った後は、絡まった食物繊維や搾りかす等の、汚れを取り除く作業が必要になります。
一方、スロージューサーでジュースを作る際の欠点としては、固い食材を絞る力が弱く、投入する材料の量に対して、出来上がるジュースが減る事が挙げられます。
更に、スロージューサーならではの欠点には、葉物食材を絞る目的には向かない事があります。
緑黄色野菜の代表、葉物はジュース作りの定番食材ですが、これを絞る事が難しいとなると、スロージューサーが使える食材は限られてしまいます。
他にも、材料を絞り切るまでに時間がかかる事、食物繊維の多くが搾りかすとして残るので、時間や食材の無駄が発生する事も欠点になります。
スロージューサーが低速とは言っても、絞る力は別問題で、製品毎に違いが生じるポイントです。
速度が遅いだけではなく、力も弱いスロージューサーは、食材が内部で挟まったり、詰まって動作が停止してしまう事があります。
この様なトラブルは、低価格帯のスロージューサーに発生するので、事前に絞る強さを確認してから、購入を検討する事が大切です。
製品によっては、初めての使用前に組み立てる必要があります。
機械の機能や使い方の把握が苦手で、組立作業に抵抗感がある人は、この部分も欠点になる可能性が高まります。
使い始める前に、懸念事項の多いスロージューサーですが、効果的な製品を厳選して選んだり、正しい使い方を心掛ければ、短所よりもメリットが強くなります。
食材を絞る過程で、低速圧搾は食材の良さを損なう心配が少なく、酸化が防げるので栄養を守る事が出来ます。
色鮮やかな材料は、食材本来の色がジュースに溶け出るので、見た目にも健康的な飲み物を、新鮮な状態でその場で作れる利点があります。

製品を選ぶ場合は、メリットを強く感じるか、あるいは短所に納得出来るか否かで、選択する際のラインが変わります。
ランキング上位の製品は、比較的価格が高めに設定されていますが、使い勝手は大幅に改善されているので、初めて購入を検討したり、長く使いたい製品を探したい人に最適です。

スポンサードリンク