スムージーよりクレンズジュースがおすすめ!

ダイエットと美容に良いと言われている人気のスムージーですが、最近はクレンズジュースというものも注目され始めています。
日常の生活の中で自分の栄養が足りているのかという疑問に、心から十分に足りていますよと答えられる方は少ないと思います。

 

海外で一気に人気になって、日本にも届いていたのですが、最近ローラちゃんがジュースクレンズを行ったことで一気に注目され、
そのクレンズジュース(コールドプレスジュース)も話題になっています。

 

クレンズジュースもスムージーと同じように野菜とフルーツを一緒にミキサーに入れて作っていくのですが、
クレンズジュースの場合はコールドプレス製法と言って、ミキサーを低速にすることで押し潰すような形で野菜やフルーツを絞るので、
非常に健康にも良いドリンクと言えます。

 

通常の野菜ジュースなどは製造段階で高速で回転するブレードで野菜や果物を切り刻み、
ジュースを作り出すものがほとんどです。

 

それらに保存料や着色料などの添加物などを加えたりするのですが、高速で切り刻まれる野菜や果物は
ブレードとの摩擦熱で酵素が破壊されたり、栄養素が壊れたりすることもまた事実としてあるんですね。

 

空気と混ざり合うことで、ジュース自体も酸化しやすいので、保存料などの添加物も使わざるを得ないということも言われています。

 

そのあたりも含めてスムージーとの比較や、クレンズジュースのメリットなどもみていきましょう。

 

クレンズジュースのメリット

まずはクレンズジュース、コールドプレスジュースのメリットを見ていきましょう。
スムージーは高速で回転する刃で野菜や果物を水とともに粉々に粉砕するのですが、コールドプレスジュース、クレンズジュースは水を一切いれずに
素材の栄養だけで、スロージューサーと呼ばれている専用ジューサーでゆっくりとすりつぶして、果汁と果肉部分に分離して生の酵素が含まれている
飲むサラダと呼ばれるジュースを飲めることが最大の特徴です。

 

 

コールドプレス製法は、低速圧搾製法とも言われており、ゆっくりとつぶして絞り出すために、
絞ったジュース部分と、搾りかすの部分に分かれて出てきます。

 

スムージーのメリット

スムージーは普通にミキサーを使い、高速で野菜やフルーツをすり潰していくため、やや熱が加わってしまうものの、クレンズジュースでは一切熱が加わりませんので、野菜とフルーツの酵素を失うことがないのです。

 

スムージーの中でも注目されていたのがグリーンスムージーと言われている緑黄色野菜のうち葉野菜と果物などを加えて
作るスムージーです。野菜の栄養が豊富だという事と満腹感が得られるというメリットが注目されているんです。

 

このように、豊富な栄養素をたっぷりと取り入れていくことが出来るという点がクレンズジュースのメリットの一つですが、
ダイエットにも役に立つ点もメリットになっています。
デトックスしながらダイエットするプチ断食の中でクレンズジュースを使えば、身体への負担を軽くすることができますし、栄養を豊富に摂取できるので健康的に痩せられます。ジュース自体も濃厚ですから、空腹感に襲われる心配もなく、意外と腹持ちするのもクレンズジュースならではのメリットです。

 

スムージーにない重要な要素

スムージーが注目されている一番のポイントは野菜や果物の栄養ですよね。
しかし、それらをいくら豊富に成分として含んでいてもそれらを紹介して吸収するためには、酵素が必要となります。

 

スムージーは高速回転のミキサーなどで作るために素材のもっている酵素が摩擦熱などで破壊されてしまうんです。
だからこそ、私はスムージーよりもクレンズジュースをみなさんにおすすめしている理由でもあるんです。

 

コールドプレスジュース専門店もできるほどジュースクレンズは注目されているので、やはり体のデトックスやナチュラル志向の高まりは
日本中注目されているんですね。

 

1日に必要とされる野菜の量というのは350gと言われています。しかし、加熱や調理方法などによって損なわれてしまう栄養素や
洗い流すことでも失われてしまう栄養もあるように十分な量の栄養というのは不足している方がほとんどなんですね。

 

身体に栄養が不足していると些細なことで病気になったり、毎日の生活の疲れが抜けにくいなど
身体が感じるサインをちゃんと感じることも重要なメンテナンスでもあるんです。

 

スムージーはどんな時に最適?

コールドプレスジュースのほうが栄養面でもダイエット面でもおすすめという説明はしましたが、
ではスムージーはどんな時に最適なのでしょうか。

 

スムージーのメリットで説明したように食物繊維という面と満腹感を感じやすいという意味では
コールドプレスジュースよりもスムージーに軍配が上がります。

 

実際に私は両方飲んでいます(笑)
どういった飲み分けをしているのかというのは、ジュースクレンズの準備食と回復食にスムージーを使うという方法を
やっているのですが、やはりジュースクレンズは飲み物を飲むには飲むのですが、断食にはかわりがないので
体が食事をとらない飢餓状態になります。

 

急な飢餓状態は体によくなく、悪い影響も考えられるので徐々に断食状態を作ることが
ポイントになります。

 

なのでスムージーを飲んでからジュースクレンズを行い、終わってからもスムージーを飲むようにすれば
体もなれやすいとわかりました。

 

特にジュースクレンズダイエットに失敗する方が、設定期間が終了してから回復食の期間をとらなかったため
通常の食事で必要以上体が栄養を摂取しようとして多くのエネルギーを取り込んでしまうことが問題になります。

スポンサードリンク