コールドプレスジュースを使うダイエット方法

クレンズジュースとは、新鮮な野菜や果物を100%使ったジュースです。
このクレンズジュースを食事の代わりに飲むのが基本のやり方です。

 

ただし、ただクレンズジュースを飲めばいいというものではありません。
やり方や注意点がしっかりと把握していなければ、どんなダイエットも失敗に終わったり、リバウンドしたりするので、
このページで確認していきましょう。

 

クレンズジュースの正しい方法

クレンズジュースは、生きた酵素とたっぷりとはいった天然の栄養が注目されているドリンクです。
そのクレンズジュースをつかって行う痩せ方がクレンズダイエットやジュースクレンズと呼ばれているものです。

 

やり方はとても簡単なのですが、注意しないといけないポイントやより痩せやすくする方法もあるので詳しくご覧ください。

 

食事を食べませんw
食事の代わりにコールドプレスジュースやクレンズジュースといわれている野菜や果物を通常のミキサーなどではなく
低速ジューサーといわれている機械でゆっくりとすりつぶして圧搾する(時間をかけて圧力をかけ絞り出すという意味)
ジュースだけを飲んで過ごします。
野菜や果物の種類で摂取できる栄養も変わってくるので、味や栄養のアレンジも比較的に自在なのですが、
同じ素材ばかりを使っていてはやっぱり偏る栄養となります。
クレンズジュースの飲む期間は自分で自由に決められるのですが、
慣れていない方や初めての方、そしてそれまでの生活で老廃物が溜まっている方は
副作用とも言われている好転反応がでやすいのであまり長い期間設定することはおすすめできません。

 

クレンズダイエットは、断食して、この期間中クレンズジュースのみを飲んで過ごす方法です。
ただし、いきなり断食をしてしまうと人間のからだはびっくりして拒否反応を示してしまうので、準備段階としてクレンズダイエットを始める前に
準備食と言われている消化にやさしい食事をとって、胃腸をびっくりさせないような工夫が必要です。

 

さらにクレンズダイエットを終えたからと言って、いきなり高カロリーの食事をとると、それはそれで胃腸が驚いてしまいます。
なので回復食として、おかゆやスープなどの食事から徐々に食生活を戻していくことがポイントになっていきます。

 

食事の代わりに飲むことで、消化器官を一定期間休ませてあげることができます。その結果、消化に使用される約4割のエネルギーを再生やデトックスなどに回すことができ、健康効果や美容効果などが期待できます。
クレンズジュースの基本のやり方は、ジュースを食事の代わりに飲むだけです。ジュース以外のものは、口にしないことがルールです。量や回数の制限はないため、お腹がすいたら軽食や間食は摂らずにジュースを飲むようにします。また、この期間は、カフェインやアルコール、炭酸飲料は一切摂取しないようにします。ただし、クレンズジュースを食事の代わりにするのは、長くても3日間までとされています。実施期間が長すぎると栄養バランスが崩れ、体調不良の原因になることがあります。
終了後は、リバウンドさせないようにするために、お粥などから食べ始めてだんだんと日常的な食事へと移行していきます。
クレンズジュースは、少ない日数で身体に負荷をかけます。
そのため、体調が悪い時には避けたり、途中で体調が優れなくなったらすぐに中止します。

スポンサードリンク