再利用を考えた時にどんな容器がいいのか

クレンズジュースとは、野菜や果実をジュースにしたものを食事と置き換えることで行うダイエット法です。

 

モデルやタレントのなかにもクレンズジュースを実践している人は多く、効果の高いダイエット法として広まっています。
クレンズジュースはいわゆる断食と似ていますが、これまでの断食は水やお茶以外は口にしてはいけないという方法が多く、健康を損ねてしまう恐れがありました。一方、クレンズジュースは活きた酵素やミネラルを摂取しながらダイエットすることが出来るます。そのため、従来の方法では懸念されがちだった健康を損ねるという問題が解消されたのです。クレンズジュースは専用の機械があれば自宅でも作ることは可能です。しかし、機械は高価ですし、作る手間もかかります。お店や通販を利用すると手軽ですし、容れ物がついてきます。グラスジャーに入れて提供してくれることも多く、このような容れ物は再利用することが出来ます。
自分で作った飲み物を入れることもできますし、今流行りであるジャーサラダの容器としても再利用することが出来るのです。中身のジュースだけではなく、容れ物まで再利用することが出来るクレンズジュースはとてもオススメです。

 

ではどんな容器がコールドプレスジュースの保存容器として適しているものでしょうか。
それはコールドプレスジュースの特徴を考えるとわかるようにコールドプレスジュースというのは一般のジュースよりも酸化しにくいという特徴と ジュース自体に酸素はあまり入っていないという特徴がありますただしそれが特徴をなるべく生かすためには病気が密封容器であるというのが分かりになります。 容器自体に空気がいっぱい入ったりするとジュース自体がその空気を 取り込んでさん化が進んでしまいますなので長期間の保存というものはしないようにするというものとなるべく空気が入らないという二つの特徴をもつよう気が最適となります。

 

 

ただし冷蔵庫や冷凍庫で保存する場合、その保存期間にだけは注意が必要です。
通常の賞味期間だけではなく、コールドプレスジュース自体に含まれている生きた酵素が無くなってしまっては意味がないので
栄養や酵素が十分に吸収できるうちに飲むようにしましょうね。