ナッツ類をジュースクレンズの合間でスロージューサーでブレンド?

ナッツ類はカロリーが高いというイメージがありますが、ナッツに含まれる脂質は身体の健康と美容維持に必要な不飽和脂肪酸から成っており、様々な生活習慣病予防にも効果があることから注目を集めています。フィトケミカル、ビタミン、ミネラル、ファイバーなどの栄養も豊富ですので、ぜひ毎日の食事で摂取したい食材です。適量は一掴25から30グラム程度で、無塩がおすすめです。
しかし、ナッツ類は消化に悪いのが難点です。つまり摂取した美容や健康に良い成分の多くが無駄になってしまっているということです。しかも味付きではないものを毎日食べるのはさすがに飽きてしまいますよね。
そこでおすすめなのが、相性の良い野菜や果物などをスロージューサーで一緒にブレンドして搾汁する方法です。スロージューサーはナッツや豆類、アボカドやショウガのような硬くて水分の少ない食材でも喉越しの良いジュースを絞ることができ、音も比較的静かなのが特徴です。朝や夜遅くでもご近所に気を遣わずに使えるので、ぜひ一台持って置きたいツールです。
スロージューサーは低速回転で優しく食材を絞るため、高速ジューサーのように余計な摩擦や熱が加わらず、壊れやすい酵素やビタミンなどの栄養素を損なうことなく生ジュースが作れる優れものです。また高速ジューサーで絞ったジュースは時間が経つと分離してしまいますが、スロージューサーで絞ると時間が経っても分離しにくく、酸化しにくいので食材本来の美しい色を保つことができます。ナッツ類をジュースにすることで栄養を吸収しやすくなりますし、野菜ジュースに濃厚な風味が加わり飽きずに楽しめます。
ナッツをスロージューサーにかけるまえに水に浸しておきましょう。水分の多い食材、繊維質の少ない食材、柔らかい食材を先に入れ、水分が少なく硬いものや、繊維が豊富な食材は後に入れた方がスムーズにジュースを絞ることができます。飲むタイミングは食事の30分前くらいがおすすめです。ダイエット目的の方は口さみしくなった時におやつの代わりに飲んでもよいでしょう。

 

もちろんスロージューサーはコールドプレスジュースでジュースクレンズを行うためにと
購入する方が多いので、そういった使い方とともにナッツ類を空腹時におやつ感覚で
食べることもおすすめです!

 

スロージューサーは使い続けると搾りかすがパーツに溜まってしまいがちです。放置していると音が大きくなったり、詰まりの原因となりますし、絞られるジュースの量が減ってしまいます。たまには分解して綺麗にすることで、パフォーマンスを保つことができますし、長持ちします。上手に利用して健康と美容の維持に役立ててください。

スポンサードリンク