スロージューサーでおすすめはメンテナンスのしやすさ?

新鮮な野菜やくだものなどに豊富に含まれる酵素は、本来ならば毎日の食事の中からたっぷりととりたいものです。でも料理することでせっかくの栄養素が壊れてしまったりすることを考えれば、生で新鮮なままの素材を食べるのが理想です。けれども、生の野菜や果物をふんだんに食べるのはかなり大変なことで、結局長続きせずに元の食生活に戻ってしまうという人は少なくありません。
そんな時におすすめなのが野菜や果物のビタミンや酵素などの繊細で熱に弱い栄養素を壊すことなくジュースにできるのがスロージューサーです。
山盛りのサラダを食べるよりも、一杯のジュースを飲むほうがはるかに負担も少なく、何よりも美味しく飲めるのがその魅力です。酵素やビタミンなどの栄養素は身体の調子を整え、健康な身体を作ったり美しく丈夫な肌を作るためにも欠かすことの出来ない栄養素なのですが、熱などに弱く、普通に調理するとその大半は栄養素が失われてしまうとも言われるものです。
野菜や果物からジュースを作る方法としてはスロージューサーのほかにもミキサーやブレンダーというカッターで材料を粉砕してジュースにする方法があるのですが、カッターが高速回転する際の熱などによって多くのビタミンや酵素は壊れてしまうともいわれ、栄養素を無駄なく上手に身体に取り入れるためには、低速で回転して材料をゆっくりと搾ってジュースを造るスロージューサーがおすすめです。一分間に十数回程度のゆっくりとした回転によってやさいや果物をじっくりと圧縮してその汁を搾り、水分と搾りかすとわけるという仕組みのため、出来上がったジュースはミキサーやブレンダーで攪拌して作られたものよりもさらりとしていてのみ安いのが特徴です。ミキサーなどで攪拌して作るスムージーのようにボリュームがって腹持ちが良いというものではありませんが、素材の持つ旨みや新鮮なビタミンや酵素などを壊すことなく取り出せるので、美容にも健康にもより効果の高い飲み物を作ることが出来ます。スロージューサーは現在とても高い人気があり、多くの種類が市販されるようになりました。そのすばらしい効果が知れ渡り、自分でも使ってみたいと思うけれど、それなりに高価なものも多く、どんなタイプを選べばよいのか迷ってしまうという人も少なくありません。

 

そんな時におすすめなのは、毎日使うことを考えてメンテナンスのしやすいスロージューサーを選ぶことです。分解して部品を洗いやすく、その後組み立てるのも簡単にできるものを選べば、使うのが億劫にならず、毎日の食生活を充実させることができることでしょう。

 

その他のスロージューサー選びのおすすめのポイント

スロージューサーのおすすめのポイントとしては、これまでメンテナンスに関する内容を見てきましたが、それだけではありません。他にもスロージューサー選びの時に押さえておきたいポイントは、

  • 初期費用
  • 野菜を投入する入り口の大きさ
  • 国産であるかどうか

といったのも押さえておきたいポイントです。
スロージューサーにはいろんな種類があり、値段や物の大きさ、作られる場所など様々です。
しかし、これほどにも選択するポイントがありスロージューサーの種類も豊富となると、いざ決めるとなったときにどれを選べば良いのか迷われてしまいますよね。
ここからは個人的な意見になってしまいますが、実際にスロージューサーを使っている私の意見としては、これまで見てきたようないくつかのポイントを考慮したうえでお勧めできるのがクビンスホールスロージューサーです。
これは実際に私も使っており、非常に使いやすく初心者の方にもお勧めです。

 

スポンサードリンク